COVID-19 対応

COVID-19 のパンデミックが、世界中の人々とコミュニティに甚大な被害を及ぼしています。パンデミックの影響を受けている人々の助けになるため、緊急的な経済援助から長期的な経済回復、そして将来への備えまで、パンデミックのすべての段階を通じて効果的な対策を展開できるよう支援しています。

ラボで白衣と医療用手袋を身に付けウイルス検査をしている女性。

Google の取り組み

Google は、世界の COVID-19 対応を支援するため 1 億ドルの資金と 50,000 時間のプロボノ活動を提供し、特に Google のリソース人材を最も有効に活用できる保健と科学、経済支援と経済回復、遠隔学習の分野に重点を置いて取り組んでいます。

保健と科学

この感染症と最前線で闘う人々と団体を支援しています。

ラボでサンプルを検査している白衣姿の男性。

即座の人道支援

Google.org は、Google 社員や一般の方々からの寄付に応じたマッチング ギフトにより、WHO(世界保健機関)のための COVID-19 連帯対応基金への(国連財団経由での)寄付、および Center for Disaster Philanthropy への寄付としてすでに 1,050 万ドルを拠出し、同感染症への備えと対応、ウイルスの封じ込め、感染症からの回復への取り組みを支援しています。

感染症の拡大をデータで追跡

パンデミックの拡大状況を把握して適切な対応をとるためには、データが不可欠です。Google.org は、国境なき医師団による活動や、ボストン小児病院HealthMap の取り組みを助成しています。また、Google.org Fellows では、COVID-19 の拡大を監視するための新たな疫学モデルの開発に取り組む一方、政府機関や医療システムにリアルタイムの情報を提供しています。

感染状況に偏りが見られる有色人種コミュニティを支援

Google.org Fellows のチームは、モアハウス医科大学のサッチャー ヘルス リーダーシップ インスティテュートとフルタイムで協力し、健康格差追跡ツールを開発しました。このツールを使用すると、COVID-19 蔓延下において全米の有色人種コミュニティに存在する健康格差を視覚的に把握できます。Google.org はまた、Gavi ワクチン アライアンスCDC Foundation など、COVID-19 のワクチン接種における人種や地域の格差に取り組む団体にも 500 万ドルの助成金を提供しました。

経済支援と経済回復

多くのビジネスが休業しなければならず、世界中で何百万人もの人々が仕事を失いました。休業の影響が最も深刻なのは、中小規模のビジネス(SMB)1、毎月の給料でぎりぎりの生活をしていた世帯、そして食料援助プログラムに頼っていた世帯です。

並んでテーブルに着き会話をしている 2 人の女性。

中小企業向け融資

小規模ビジネスが低金利の融資を受けられるようにする目的で Google が 2 億ドルの投資を行ったのに続き、Google.org では、十分な援助を受けられない中小企業を支援するために、Opportunity Finance NetworkYouth Business International、および Common Future に対し 1,500 万ドルの助成金を提供することにしました。

現金給付による直接的支援

直接的な現金給付は、非常時の救済策として特に効果的な方法のひとつです2。Google.org は 1 億ドルの拠出金を通じ、最も支援を必要とする家族に現金を直接給付している団体 GiveDirectlyFamily Independence InitiativeGiveIndia への助成金を 3 倍に増額しました。2020 年の 1 年間で、Google.org が助成する団体から緊急の現金給付を受けた人は 14 万 9 千人に上り、その 64% が女性でした。

遠隔学習

COVID-19 の感染拡大のピーク時には、数十億人もの学生が学校に通えなくなりました3。教師、保護者、学校は、オンライン教育への移行によってこの事態に対応しました。Google は、特に支援が行き届かないコミュニティの子どもたちに質の高い学習機会を提供するため、1,000 万ドルの遠隔学習基金の創設を発表し、教育関係者や保護者に必要なリソースを提供する世界中の団体を支援しています。

タブレットを一緒に操作する少年と父親。

世界規模で利用されている学習プラットフォーム

Google.org が 100 万ドルを助成した Khan Academy では、COVID-19 の影響を受けている保護者や教師向けに新たな教材を 20 以上の言語で提供しており、その教材で学ぶ生徒の数は 1 か月に 1,800 万人を超える勢いです。

地方での教育に対する取り組み

Google.org では、学習の機会が奪われかねない子どもがいる家庭を支援するヨーロッパとアジアの草の根的な活動を支援するため、INCO に対して 280 万ドルの助成金を提供しました。INCO はこの助成金を支援先に配分するとともに、各家庭の事情に合わせて、質の高い遠隔学習に関する指導を保護者向けに行います。

Google.org Fellowship

Google.org Fellowship は、非営利団体市民団体による社会活動の促進につながるよう、Google 社員が最大 6 か月にわたり無償奉仕活動にフルタイムで参加することを認める社内プログラムです。活動に参加する社員(フェロー)は、技術的専門知識を活かして、困難な課題に対する発展的な解決策を構築します。

COVID-19 の症例数を表す Global.Health の地図の画像。 支援を求め、メッセージが書かれたカードを持って並んで立っている女性たち。 医学研究室で検査について説明する人と、周りでそれを聞く人たち。 パソコンの画面を見ている女性たちの写真。
  • 感染症の拡大をデータで追跡

    Google.org は、125 万ドルの助成金に加え、10 人のフルタイム Google.org Fellows と 7 人のパートタイム Google ボランティアから構成されるチームを派遣し、オックスフォード大学、清華大学、ノースイースタン大学、ボストン小児病院の COVID-19 研究者たちを支援してきました。その大きな成果のひとつが、匿名化された大量の COVID-19 症例データを 100 以上の国から収集、統合したスケーラブルなオープンアクセス プラットフォーム Global.health です。世界中の疫学者は、このプラットフォームを使用してトラジェクトリー解析を行うことで、COVID-19 の変異を追跡できるだけでなく、将来的に新たな感染症が発生した場合にも迅速に対処できます。

  • 直接的現金給付でハウスキーパーを支える National Domestic Workers Alliance をサポート

    Google.org Fellows の 7 人のフェローが National Domestic Workers Alliance をサポートし、エッセンシャル ワーカーに緊急基金を配分するためのツールの拡充を進めています。

  • 国境なき医師団での COVID-19 追跡システムの導入、展開を支援

    Google.org Fellows は、Medic Mobile が COVID-19 用に開発した症状追跡システムを、国境なき医師団向けに調整、展開するためのサポートを行っています。

  • COVID-19 関連の技術的課題の評価と解決に取り組むニューヨーク州をサポート

    ニューヨーク州のクオモ知事が立ち上げた「COVID-19 テクノロジー SWAT チーム」をサポートしている、Google.org Fellows の 10 人のフェロー。パンデミック以降の重要な COVID-19 関連情報を同州の住人がすぐにチェックできる環境の整備に、6 か月間フルタイムで協力します。

01 / 04

試練の時代に立ち上がる、Google.org の支援先団体

過去に Google.org の助成を受けた団体は、現在、それぞれのリソースツールを COVID-19 対策に役立てています。

Trevor Project のオフィスでノートパソコンに向かって仕事をする 3 人のスタッフ。 屋外でカメラに向かってポーズをとる男性と女性。 教室でカメラに向かってほほ笑む 2 人の若い女性。
  • LGBTQ コミュニティから届く支援を求める声を AI でトリアージ

    COVID-19 の世界的感染拡大が始まり、Trevor Space の 1 週間あたりの登録者数は 40% 近く増えました。Trevor Project では、Google.org Fellows からの資金提供とフルタイムで参加するボランティアの協力を得て、AI ベースでメッセージをトリアージするシステムを開発しました。その結果、リスクの高いテキストでの会話において、応答にかかる時間を 79% も短縮できるようになりました。

  • ファクト チェックに AI を活用

    Full Fact が使用している AI ベースのツールは、かつて Google.org の資金提供を受けて開発したものです。インターネット上の主張の正確さを検証するために必要な情報をファクト チェック機関が利用できるよう、Google.org Fellows のサポートを得て機能を改良してきました。Full Fact では現在、COVID-19 に関する誤情報の拡散を防ぐためにこのツールを活用しています。

  • 保護者教師のコミュニケーションに AI を活用

    TalkingPoints では、Google.org Fellows のフルタイムのボランティアを受けて、保護者と教師の間で使用できる AI ベースの翻訳機能が搭載されたツールを開発しました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染が拡がり始めてから、このツール上でのやり取りが以前の 10~20 倍に増えています。

01 / 03