災害対応者向け情報

Google が災害に即して Google パーソンファインダーを開始した場合には、政府および非営利組織が情報を通達したり、データを使用したり、情報を登録したりすることで、人々がお互いの位置を特定するのに役立ちます。
パーソンファインダーを埋め込む

サイトに Google パーソンファインダーを埋め込む

Google パーソンファインダーに関する情報をコミュニティに広めましょう。Google パーソンファインダーのページ を紹介したり、運営するウェブサイトに以下の HTML コードを使用して小さいサイズの Google パーソンファインダーを直接埋め込んだりできます。

<iframe
  src="http://google.org/personfinder/repository/?ui=small"
  width=400 height=300 frameborder=0
  style="border: dashed 2px #77c"></iframe>

(repository は適切なレポジトリ名に変更してください)

上記のガジェット コードは Apache 2.0 ライセンス下で使用でき、このガジェットを通して受信したデータはすべてクリエイティブ コモンズ ライセンス下で共有されます。

データのダウンロード

Google パーソンファインダーからデータをダウンロードする

Google パーソンファインダーのデータをダウンロードしたり、Google パーソンファインダー API を使用して手持ちのデータベースと同期したりできます。データは XML ベースの PFIF (People Finder Interchange Format) 形式で提供されます。アクセスのリクエスト方法、データのダウンロード方法については、サービス開発者向けドキュメントをご覧ください。

データのアップロード

Google パーソンファインダーにデータをアップロードする

手元のデータベースから Google パーソンファインダーに情報を登録・公開し、一般の人々にも知っている情報をレコードに追加してもらいましょう。Google パーソンファインダーにデータをアップロードするには、PFIF (People Finder Interchange Format) 形式のデータを使用する必要があります。アクセスのリクエスト方法、データのアップロード方法については、サービス開発者向けドキュメントをご覧ください。